イメージ

現在位置:ホーム » スタッフブログ » 2019年忘年会

2019年忘年会

院長の西園です。12月7日、にしぞの内科の忘年会が催されました。場所はシェラトングランデオーシャンリゾート内にあるワールドコンベンションセンターサミットでした。

今年の幹事は、我々外来部門が担当いたしました。事務方はレセプト業務の合間を縫いながら、企画や会場担当の方との連絡などを頑張ってくれました。看護師も景品の買い出しなど、準備に余念がありませんでした。

司会進行役は外来看護師のMさんに頑張ってもらいました。

副院長から開会の挨拶があり、来賓の方々への日頃の連携に対するお礼、職員一同へは労いの言葉がありました。

乾杯の音頭は、来賓を代表してやました薬局の友成先生にお願いいたしました。

その後、少しの間歓談と食事の時間があり・・・

私から職員への話題提供として、法人の経営状況に関する報告をいたしました。

忘年会での話題としては少しばかりお堅い内容になりましたが、法人内のスタッフが一同に会する数少ない機会でしたので、敢えてお話しました。皆が自分の職場について考えるきっかけになるとなるとよいのですが。

香月・桂の施設長にも手伝ってもらいました。時折、楽しい話題を交えながら、大切な事項については判りやすく説明してもらいました。

堅苦しい話の後は、にしぞの内科職員総出演の「パプリカ」が上映されました。

医療事務職が企画、編集した作品ですが、会場の皆がひとつになれたような気持ちになれました。番外編としてメイキング映像もあって、サプライズを演出できました。

実は、この曲のことを私は知らなかったのですが、この機会にしっかり覚えました。

これまでの忘年会を振り返るスライドショーを供覧しました。解説は西園が担当しましたが、川田理学療法士にも手伝ってもらい、スムーズに演出できました。

若かりし頃の職員の写真が登場すると、会場から歓声が聞こえたり、楽しいイベントの記録に懐かしいとの声が挙がったり・・・ 職員の皆さんにも楽しんでいただけたのではないかと思います。

ショーの後半には、医局スタッフが出演した動画が上映されました。心得のある香月のスタッフに企画・編集をお願いして、とても愉快な作品に仕上がりました。

忘年会の当日、誕生日の職員が2名いましたので、会場の職員一同でお祝いしました。

その後、恒例のビンゴゲームがあり、会はお開きとなりました。

少しイベントが多すぎて、終盤は時間が足りなかったことは反省点となりました。あぁ、私はデザートをいただく時間がなかった。

 

幹事の皆さん、お疲れ様でした。来年はデイサービスセンター桂が幹事役ですね。よろしくお願い致します。

  1. 桂スタッフ一同、来年の幹事がんばります!!

    投稿者:user | 投稿日:2019年 12月19日 16:44分

  2. 楽しく美味しい忘年会でした。『ぞーきまん』の動画が最高に面白かったです。ありがとうございました。

    デイケアのN

    投稿者:user | 投稿日:2020年 01月14日 13:35分

  3. 来年幹事役の桂の皆さん。会場の手配はなるべく早い時期に抑えておいてくださいね。よいお店は、なかなかの競争率ですから。

    Nさん。ありがとうございます。ゾーキマンが面白くできたのは、影のプロデューサーさんが手伝ってくれたおかげなんです。裏方さんに感謝しています。

    投稿者:マルニシ | 投稿日:2020年 01月15日 0:00分

コメントをどうぞ

コメント内容   ※ 機種依存文字は使用しないでください。

←「」前の記事へ 次の記事へ「」→