イメージ

現在位置:ホーム » スタッフブログ » 恒例の実家の手伝い (・ε・`)

恒例の実家の手伝い (・ε・`)

皆さん、( ノ゚Д゚)こんにちは。 デイサービスセンター桂のNです。

今年は暑い日が続き、秋が短いそうです。なので今のうちに秋を充分に堪能しましょう!!

そんな秋晴れの実家から綺麗に見える高千穂の峰の下、今回の手伝いは牛の競り市です。このブログでも何度も紹介してますが、西諸地区は小林市の生駒高原の入り口近くにあります。

これまで競りの順番は運よく午前中にあったので、今回も午前中だと思っていたら『今日は午後から…。』と父親から一言…工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工 !!

『マジか(*´Д`)=3』と心の中でつぶやき、意気消沈。そんな状況に更に追い討ち!! 競り市場の入り口付近で九電工の作業車が4~5台並んで作業していて『朝も早よから、大変じゃ~』と父親と話していたんですが、牛舎に着いてビックリ!!
何と電気が点かない、更に電気が止まっているせいで水道までストップΣ(ll゚艸゚ll)!!!

『それで九電工の人達が慌てたのか』と納得。しかし、そんな事よりも水が出ないせいで、牛を拭く事が出来ず。おまけに競りが始められないから、更に早く帰れない・・・☭(;´༎ຶД༎ຶ`)☭

心配をよそに、以外と早く復旧したおかげでさほど競り自体に影響はありませんでしたが、ここからが退屈な時間。おしるこを飲みながら、この時ほど『iPhoneって素晴らしい╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !』と思った事はありません。

現在、牛の価格が高いらしいですが今回、出した僕の家の牛は父親いわくががじゅらしく、まあ、そこそこの値がつきました。ががじゅの意味が分かりませんが、帰りの車内で父親の機嫌が悪くなかったのが救いでした。


 

  1. 秋口以降、Nさんの一服は“おしるこ”が定番のようですね。私には甘すぎて、ちょっと苦手なのですが、仕事で頑張った後の糖分補給にはちょうど良いのかもしれませんね。
    iPhone、新型なんですか?

    投稿者:マルニシ | 投稿日:2016年 11月13日 10:13分

コメントをどうぞ

コメント内容   ※ 機種依存文字は使用しないでください。

←「」前の記事へ 次の記事へ「」→